アコム 利息

【アコム】の利息・返済について解説します。


アコムからキャッシングする場合、通常、カードローンというサービスを利用することになります。
    (上記のカードローンの契約をすると、キャッシング専用のアコムカードが発行されます。)


れから、アコムのカードローンについて解説していきます。


借入できる人       20歳〜69歳の安定した収入と返済能力を有する方
                (アルバイトパートの方も、安定した収入があれば借入できます)


担保・保証人       担保も保証人も必要ありません。 
               

必要書類          運転免許証 (交付を受けていない方は健康保険証等)    

                    ※借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要 (次の3つのどれかに該当する場合)

                     ● 利用限度額が50万円を超える場合
                     ● アコムの利用限度額と他の貸金業者からの借入の合計額が100万円を超える場合                               ● 既に提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合  



借入できる金額        融資額 = 1万円 〜 500万円
          
                  (融資額は、本人の希望と本人の収入等を元に審査で決定されます。)
                  (契約時に借入限度額が50万円以下の場合、収入証明書は不要です。)


利率と利息        貸付利率(実質年率)/4.7% 〜 18.0%

                   【損害遅延金の利率】     年率 20.0%            

    
      えば10万円を実質年率18%で借りた場合、1年後利息18,000円になるということです。
          
            計算式はこのようになります。
              
              100,000円 × 0.18 = 18,000円
              
           (実際の返済は、少なくとも毎月または35日ごとに行なうので、1年後にまとめて18,000円返済する訳ではありません)
   
      30日後に全額返済した場合の利息は、
           
              100,000円 × 0.18 ÷ 365日 × 30日 = 1,479円 となります。
    
      7日後に全額返済した場合の利息は、
           
              100,000円 × 0.18 ÷ 365日 × 7日 =   345円 となります。


返済日        次の3種類中から選択できます。

              ・ 35日ごと (最初の返済日は、借入した翌日から数えて35日目です)

              ・ 毎月指定期日 (自分の都合の良い日にち(毎月同じ)に設定します)

              ・ 口座引落しの場合は毎月6日

             

返済金額    毎回の返済金額は千円単位で、次のように毎回の最少の返済金額が決められています。
              毎月、必ず返済しなければならない最少の金額です。
             この最少の金額より多く返済したり、全額返済してもかまいません。
             そうする事により利息は安くなります。        
             また、決められた返済日以外に、365日いつでも返済することができます。

            (最終回の返済金額は利息の端数があるので、1円単位になる場合もあります。)
                  
           契約極度額が1万円〜30万円の場合           契約極度額が30万円超〜500万円の場合
             
                  借入金額の4.2%以上                     借入金額の3.0%以上 (※1)

                (※1  契約極度額が100万円超〜500万円の場合は、2.5%、2.0%(毎月払いのみ)も選択可 )
                   



 

サイトマップ

FX